So-net無料ブログ作成
検索選択

サンバカーニバル

浅草のサンバカーニバルを見ないと
夏の終わりを感じない。
逆にこれを見ると夏の終わりを強く
意識する。
昨年はゲリラ豪雨にやられてしまったけど
今年はチョット暑かったけど
天気も良くてよかった。
4時間以上もたちっぱなしで
相当疲れたけど、やっぱり
サンバはいいなあ。。。

英会話電話レッスン
子供長靴
nice!(0) 

原紗央莉のAV作品が8本見られます。



2candys 芸能人 原紗央莉 アクメで殺して 絶狂13失禁 電マ10本責め

※この作品はプレミア動画です。


原紗央莉ちゃんの作品がまたまた2candysで配信!!!
美少女系ですが、大量に潮吹きでイキまくるという、
相当にドスケベな原紗央莉ちゃんです。

クリトリス刺激されて、
マンコの中を弄くりまわされる原紗央莉ちゃん・・・
今回もイキまくってますね~


フェラもありますし、道具を使ってのプレイ
執拗な指マンも。

モザイク有りなんですが、
原紗央莉ちゃんの動画が8本2candysで見られます。


原紗央莉ファンの方はお見逃しなく!!!



有料アダルトサイトで見られる動画レビュー TOPへ



有料アダルトサイト比較検証部 TOPへ
nice!(0) 

お勧め情報



1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が1.0に!!見える!驚異の視力回復法



【3時間短眠法プログラム】3時間睡眠で自由を手に入れる!14日間短眠プログラム






nice!(0) 

恋愛ジャンキィ【09】




乱入してきた割に、どうやら相手はさっぱりと打たれ慣れていないらしい。
染谷は容易く膝を折る相手を一瞥、次の相手を目で探す。
だが、それはあまり巧くはいかなかった。
高鳴る鼓動の不可解さを持て余し、動揺する自身に動揺していた。
瞬間的に塗り込められたような、白の世界。
風に靡く黒髪。
口角のつり上がった凶暴な微笑。
街灯に煌く眼球。
「ッ、」
一体何だったのだろうか?
湧き上がる疑問に意識が流される。
集中力が途切れた所為か、幾つか拳を受け所々にひりつくような熱を感じる
だがそれも大して気にはならなかった。
一体何だったというのか。
あれは。
「……」
あの瞬間。
身を翻し振り向いた瞬間に目にしたのは、死屍累々の最中に立つ男の姿だった。
特別何をしていたとうこともない。
それなのに、いっそ不自然なほどに顎の輪郭が目に付いた。
男にしては随分と長い襟足が、風に揺れる様に目を奪われた。
愉快そうに弧を描く垂れ下がった目に。
光に反射して艶やかに輝く虹彩に。
唇の隙間から覗く白い歯に。
ゆるりと笑みを刷く唇に。
ほんの一瞬ではあるが、完全に意識を持っていかれた。
それらは網膜に焼き付くようにして、瞬き一つの時間もかけずに脳の中に飛び込んできた。
瞬間的に音が消え、風も消えた。
完全な白の世界に呼吸を忘れた。
見惚れた、という表現が一番それらしいかもしれない。
「ッ!」
と、染谷が弾かれたように顔を上げた。
半ば放心していた意識が、元の位置に舞い戻る。
「岡崎、乗れ!」
怒鳴るように呼び付ければ、岡崎は足取り軽く身を翻す。
今度は嫌だとは言わなかった。
予想していた更なる面倒に、岡崎も気付いたのだろう。
混乱に乗じてさっさと単車を走らせ、喧騒から距離を取る。
近付いてくる警報から逃れるように、染谷は人気の無い住宅街に向かった。
慌てて飛び出してきた所為で、纏は着込んだままの上、メット不装着の相乗りだ。
人ごみに紛れるように駅前に舞い戻るわけにはいかなかった。
「はは。見ろよ染谷、まだ気付いてねえ奴いるぜ」
「話しかけるな」
背後から聞こえてきた陽気な声に、染谷は舌打ちぴしゃりと跳ね除ける。
リアシートに留まりながらも呑気に騒ぎを窺っているらしい岡崎に、呆れを通り越し苛ついた。
複雑に入り組んだ住宅街をすり抜け突き抜け河川敷に辿り着くと、そこで漸く染谷は単車の速度を緩めた。
喧騒は既に遠い。
響くサイレンをどこか他人事のように聞きながら、目に付いた空間に停車する。
肌寒いと感じていたことなどすっかり忘れてしまうほどに体温は上がっていた。
「あー疲れた」
車体が完全に止まると岡崎は染谷の後ろから飛び降り、軽く伸びをしながら勾配緩やかな芝の上に腰を下ろした。
「自業自得だ」
呑気そうなその声に呆れ嘆息しながらも、脱いだ纏をシートに引っ掛けた後、染谷も続いてへたり込む。
そのまま斜面に合わせて身体を転がせると、冷たい芝の感触が心地好かった。
吐き出す息が白くなるほどの季節では、まだない。
空を見上げれば、地上の光に負けた星が遠慮がちに瞬いてる。
呆けたようにそれを眺めながら深く息を吐き出すと、殴られた拍子に切れたらしい口角が熱を持って鈍く痛んだ。
擦り切れた身体の各所は痺れる痛みを訴えたが、吹き抜ける風が傷口には逆に心地好かった。
染谷がシャツを探り潰れかけの煙草を取り出すと、更にライターを探り出すよりも先に隣から火が差し出された。
「ああ、」
それに気付くと、染谷は軽く身を起こし火を点け、殊更ゆっくりと深く煙を吸い込んだ。
肺に溜まる毒素に肩から力が抜ける
普段あまり近付くことの無い河川敷は、車さえ通らなければ静かな場所だった。
目を瞑ると、足元に川の流れる音が聞こえる。
それを時折邪魔するのは、遠く離れた橋の上を走る列車の音だ。
それらを耳に深い呼吸を何度か繰り返せば、騒いでいた血流も落ち着きを取り戻してくる。
暫くそうして二人転がり、ただ聞こえてくる音に耳を澄ませていた。
意識はゆるりと腹の底に沈み、また緩やかに浮上する。
それと同時に、染谷は閉じていた目を薄く開いた。
視界に瞬く儚い星に、勝手に溜息が零れ出た。
何気なく入ったファーストフード店で隣の男に出くわした所為で、とんでもない夜になってしまったと。
まさか岡崎と共に飯を食い、並んで歩き、互いに好き勝手に暴れそこから揃って逃げ出す事になるなど、想像もしていなかった。
まして、その後に仲良く二人で星を眺めるなど。
とんでもない夜だ。
「……お前さ」
ふと隣から聞こえてきた呟くような声に、染谷は視線だけを返した。
それに気付いた岡崎は、寝返りを打つようにうつ伏せの体勢になると芝の上に頬杖をついた。
じっと眺めてくるその目には、既に先程までの熱はない。
「何で族なんかやってんの?」
本来そういうタイプじゃないだろう、と。
訊ねてきた言葉の理由は、染谷自身にもよく分かった。
たった数度の接触で何が分かる、と反抗する気には不思議とならなかった。
確かに、己は本来、こんな時間にこんな場所に転がっている類の人間ではない。
その自覚は十二分にある。
まして、誰かを従える頂点に立つなど。
日中は学ぶ時間で、夜は眠る時間。
そんな生活を当たり前にするような、ごく当たり前な環境で育ってきたのだ。
周りにだって、その手の類の人間など一人もいなかった。
「……」
岡崎からの問いかけに、染谷はひっそりと投げていた視線をまた空に戻した。
崩れる寸前の灰を指で弾き、またゆるりと紫煙を燻らせる。
二人分の煙が上空で溶け合う様を、眺めるともなしに眺める。
「……十五の時、ちょっと行き詰って……夜に公園で泣いたことがある」
ぽつりと呟き、染谷はまた目を閉じた。
言葉にすると同時に脳裏に甦る記憶は苦いが、それでも辛くて堪らないというほどのものでもない。
そんな風にしてくれた相手が居たからだ。
「行き詰るって?」
「……まあ、色々。今となっちゃどうでも良いことだけどな」
更なる問いかけに曖昧に頷き、また少し煙を吸い込む。
そうだ。
一体いつ頃からだったのか、自覚すらないが……いつからか己は「真面目」を演じるようになっていた。
元々、どちらかといえば大人しい類の子供だったから、それはさして困難ではなかった。
だからこそ余計に、自身の演技に気付くのが遅れてしまったのだろう。
だが、苦痛に思うほどの困難ではなかったにせよ、それでも自身に無理を強いていたことには変わりない。
それにすら気付かず、気付けず、やっと気付いた時にはどうしようもなくなっていた。
少しずつ降り積もっていく澱のように、静かに歪みは体内に蓄積された。
そして、それに気付いた時には、既に遅かった。
切欠となったのは、環境の変化だ。
当たり前のように日々を過ごしていた環境に一人取り残され、愕然とした。
それまでの生活が足元から崩れて落ちる錯覚を味わった。
次はこうして、と目の前のにレールを敷いてくれる相手が居なくなったのだ。
先導してくれる誰かを失ったまま、まるで当たり前のように当たり前の人生を歩んでいくのだろうかと。
教科書通りのそれまでの生活に、酷く不安を抱いた。
「生きてるのか死んでるのかよく分からなくて……何だろうな、ただ怖かった」
思えばあれが、環境の変化に便乗した反抗期の始まりだったのかもしれない。
だが、その正体の見えない反抗心をぶつける相手が、当時の染谷には居なかった。
「どうしたら良いか分からなくて、一人めそめそして……その時に、先代に拾われた」
当時はまだ「総長」という肩書きではなかったけどな、と。
染谷はそう付け足し、短くなった煙草を芝の上に押し付けた。
吐き出した最後の紫煙が、漆黒の空を少しの間だけ灰色に染める。
それをぼんやり眺めながら、染谷は内心頭を捻った。
何故こんな話を岡崎にしてしまったのだろか。
拾い主である先代以外に、こんな話を聞かせた相手はいない。
それなのに、言葉はまるで喉を滑るように澱みなく表に出てきた。
訊ねられたからだと理由をつけようにも、そのすぐ傍らで、だからといって律儀に答える必要はなかったはずだ、と否定の声が入る。
理由をつけようにも思い浮かばず、どこか途方に暮れたような気分で染谷はまた懐を探った。
何でも同じようにしたいと格好だけを真似て始めたはずの喫煙は、既にすっかりと身体に馴染んでしまっていた。




nice!(0) 

[自分の話]ツルマル慶応ボーイのシルバーウィーク2009〜西戻編〜

エロ小学生画像掲示板 - Google 検索 そんな話題書い Driver【Super Driver×スネ夫自慢話の曲】‐ニコニコ動画(ββ) 目オチ。 ・ バナナ・マンゴーハイスクール (フルコーラスver.)‐ニコニコ動画(ββ) 今日 カラオケ に行ったけどなかった。...
nice!(0) 

篠田麻里子画像

存在篠田麻里子さん 奇麗です 関連リンク ● ★売れてます★本当は怖いこんなシャンプー発毛育毛の本『育毛の真理』★ ● ストリーミング動画ダウンロード徹底ガイドグラビアアイドル画像てんこ盛り...
nice!(0) 

東京下町を夫婦でぶらり①。

仕事の都合上、今回のGWは最終日に休みをとり去年同様に東京の下町を探索。日暮里駅から谷中~千駄木エリアをぶらりぶらり。まずは出張先の東京で相方と前日(5日)の夜に待ち合わせディナーに。今回は口コミで評価の高い牛込楽坂のカジュアルフレンチの店の「ブラッスリー・グー」に。…

nice!(0) 

これがチェ・ジウさんの「スターの恋人」か・・・

JUGEMテーマ:朝バナナダイエットJUGEMテーマ:グレープフルーツ酢ダイエット
8:00 バナナ コーヒー

どう考えてもムリ・・・みんなに中止の連絡をする。
平日テニスの為に有給までつかったのに 

今日は、午前中に放映されていた、「スターの恋人」まで加わって・・・。
「女人天下」「天国への階段」3本立てて見てしまった

12:00 わかめおにぎり
13:00 ポテトチップス
14:00 コーヒー
19:00 おでん(だいこん・じゃがいも・ちくわ・はんぺん・玉子・こんにゃく)
ツナレタス しいたけ炒め ごはん

21:00 チョコレートパイ

●夜測定
体重【53.8】kg
体脂肪率【30.0】%
今日は、1日中なんだかんだと食べていた・・・
これで太らないことが不思議なぐらい

nice!(0) 

菊川 蓮のおまんこが丸見え

Eカップマシュマロおっぱいの蓮ちゃん
結合部のアップ,白いマン汁がたっぷり
ダウンロード01
ダウンロード02
もっと見たい兄ぃはこちら
もっと見たい兄ぃはこちら
もっと見たい兄ぃはこちら
もっと見たい兄ぃはこちら



nice!(0) 

18禁ゲーム<無料>フリー

フリーゲームいっぱーい♪
18禁ゲームはそこら中にありますだw

↓↓↓お好きなのをどぞw

X-Galleryはこちら!

総合無修正アダルトサイト





nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。